キャリアを支える知識やしっかりとした経験も無く、只々、成長や拡大することだけを追い求めていました。
そんな中でも、働く人の多様性を汲み取り、自らが施そうとの想いで行動しましたが、叶うことはなく、裏腹な評価や批判を受ける経験をしました。
企業人としての賞賛や関係性、忠誠を尊ぶことが強いられる中で、多様なキャリア形成やキャリア開発を強く意識し、自らのキャリアチェンジを志すこととなります。